トピック&ニュースグリーンライフに役立つ最新トピック&ニュースをお届け!

土の話を掘り下げる〈教えて、矢澤さん!園芸ビギナーの土に関する素朴な疑問〉【趣味の園芸4月号こぼれ話・前編】

土の話を掘り下げる〈教えて、矢澤さん!園芸ビギナーの土に関する素朴な疑問〉【趣味...

ウェブサイト「みんなの趣味の園芸」だけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』テキストの特集内容に関連して、誌面で紹介しきれなかった情報をお届けします。

 

今回は、4月号の「ようこそ!花のある暮らし」特集でビギナーにもおすすめの花を教えてくれた矢澤秀成さんが登場。4月号の取材中、じつは土へのこだわりを語ってくれていたのですが、残念ながら誌面では紹介しきれませんでした。「こぼれ話」で思う存分語っていただきましょう。

 

前編では、園芸を始めて約半年のビギナー編集部員が、土に関する素朴な疑問を矢澤さんにぶつけました。

 

矢澤秀成(以下、矢):土の話ってなかなか紹介してもらえないんだよね......。

 

編集部(以下、編):今日はいろいろ教えてください! 矢澤さんの土へのこだわりを伺う前に、じつは前から疑問に思っていたことがあるんです。園芸関連の本を見ていると「水はけと水もちがよい土で植えつけ」と書いてあることがあります。水はけと水もちのよさって両立するんでしょうか。

 

矢:両立するよ。団粒構造の土だと、水はけも水もちもよくなる。団粒構造っていうのは、土の粒子が何個か集まって大きな粒をつくって、その粒と粒の間に適度なすき間ができている、すごくよい状態をいうんだけど、ちょっとイメージしづらいよね。

もっと簡単に「水はけも水もちもよい土」の仕組みを説明してみよう。

「水はけも水もちもよい土」には赤玉土や鹿沼土が使われていることが多いと思うんだけど、この二つを思い浮かべてみて。サラサラの砂じゃなくてゴロゴロした塊だよね? この塊が重要。まず塊が混ざっていると、土の中に空間ができて通気性と水はけがよくなるのは説明不要だよね。

それだけじゃなくて、この塊は一つ一つが水分を貯えることができるんだ。これで保水性がよくなる。さらに水に溶けだした肥料分も貯えるから保肥性もよくなる。これならイメージしやすいんじゃないかな。

 

編:なるほど! よくわかりました!

 

202204こぼれ話前編_02.jpg

↑乾いた赤玉土(左)と湿った赤玉土(右)。湿らせた赤玉土を指で砕くと、内部に水分を貯えているのがわかる。

 

矢:塊がポイントだから、赤玉土や鹿沼土を買う時は袋越しに中身をよく見て、塊がつぶれていないものを選んでね。長い間店頭に置かれていて、つぶれてしまっている場合があるから気をつけて。少し高いけど、硬質赤玉土はつぶれにくくて長もちするからおすすめだよ。

 

編:今度から気をつけて見てみます。もう一つ教えてください! 培養土についてです。園芸店に行くと、ものすごくたくさんの培養土が並んでいて、いつも迷います。最後には「どれもそんなに変わらないだろう」と無理やり迷いを断ち切って買って帰るのですが、実際のところ、培養土の中身ってものによってどのくらい違うものなのでしょうか。

 

202204こぼれ話前編_03.jpg

↑園芸店の土売り場。いろいろな商品が並ぶ。(撮影:田中雅也)

 

矢:全然違うよ。じつは、昔各メーカーのバラ用培養土を試験してみたことがあるんだけど、水はけや水もち、混ぜ込んでいる肥料なんかも本当にそれぞれだったね。目指しているバラが少しずつ違うから、それによって当然培養土の成分も変わってくるよね。

同じバラ用でもこれだけ違うんだから、普通の培養土ももちろん違う。全然違うんだけど、どのメーカーも基本的にはより良い土にするために考えてつくっているから、どれを選んでみても悪いようにはならないはず。だから、育てたい植物に合わせて、普通の培養土でも植物ごとの培養土でも、思い切って買って試してみるといいよ。

ただ、赤玉土と一緒で、買う時にはしっかりと中身を確認しなきゃダメ。買う時に状態を見るのは苗と一緒だね。

培養土の袋って花の写真とかがあってきれいでしょ? 最近はパッケージの写真が大きくて中身が見づらいものも多いけど、透明な部分を探して中身を確認してみて。個人的には、中身がよく見える袋だと「自信があるんだな」と思うね(笑)。

 

編:なるほど(笑)。でも、私みたいな初心者は中身を見ても、違いがわからないです。

 

矢:まずは裏面の表示を見てみるといいよ。何を混ぜたのか大体書いてあるから、それを確認した上で袋ごしに中身を見てみる。きっと少しずつわかるようになってくるよ。あとどれを買ったのか忘れないように、捨てる前に袋の写真を撮っておくのも大事だね。

「良い土」がわかってくれば、当然植物を育てるのは上手くなるし、土に詳しいのって通っぽくてかっこいいでしょ?

 

202204こぼれ話前編_04.jpg

↑ガーベラの花。土を学んで、よりきれいな花を。(撮影:田中雅也)

 

編:たしかにかっこいいです(笑)。いろいろな培養土を試して、少しずつ勉強していきます! 次は矢澤さんこだわりの土について教えてください。

 

後編に続く!

 

こぼれ話sp.jpg

テキストこぼれ話」では、『趣味の園芸』テキストの特集に関連して、担当編集者による講師へのインタビューなどをウェブ限定で公開しています(毎月2回更新予定)

 

『趣味の園芸』2022年4月号(3/19発売)

202204e_28-29.jpg

「今まで、園芸には無縁だったけどこの春からは、ぜひ何か1つ花を育ててみたい!」そんな園芸ビギナーさんにも自信をもっておすすめできるのがガーベラです。矢澤秀成さんが、はじめてでも失敗なくできる育て方をレクチャーします。ガーベラをお手本に基本をマスターすればどんなお花でも育てられるようになりますよ!

 

202204e_01.jpg

4月号の内容はこちら

 

NHK出版で購入する | Amazonで購入する

会員登録がお済みの方は

会員登録をすると、園芸日記、そだレポ、アルバム、コミュニティ、マイページなどのサービスを無料でご利用いただくことができます。

新着日記写真
ピクルス入りポ...
2022/08/08
色々なお花たち
2022/08/08
今日のお庭から➰
2022/08/08
新たな花芽
2022/08/08
一輪でも~
2022/08/08
筋肉痛!😩
2022/08/08
趣味の園芸バックナンバー
定期購読
関連アイテム
投稿募集中 from テキスト編集部
見て見て!お気に入りの花

見て見て!お気に入りの花
自慢の植物・庭の写真を募集中!

みんなのマルシェ

みんなのマルシェ
自慢の畑・野菜の写真を募集中!

おすすめ特集
植物図鑑まとめ

植物図鑑まとめ

たくさんある植物の中から、テーマ別や特徴別に紹介します。植物選びの参考にしてください

病気と害虫の話

病気と害虫の話

あなたの植物の症状は? 大切な植物を病気や害虫から守るための、見て分かる病気と害虫ガイド

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

動画でわかる!鈴木満男のバラ剪定レッスン

バラの栽培で多くの人が悩む剪定の仕方を、動画でわかりやすく解説

寄せ植えを楽しむ

寄せ植えを楽しむ

寄せ植え向きの植物選びや、作り方のポイントを紹介。参考になるキレイな作品写真も見られます

「今、熱い植物」アーカイブ

「今、熱い植物」アーカイブ

人気の高まる多肉植物や観葉植物。業界の最前線で活躍する専門家がその魅力を紹介

テキストこぼれ話

みん園限定!テキストこぼれ話

ここだけで読める連載「テキストこぼれ話」。『趣味の園芸』で語りきれなかった話を限定公開

園芸用語集

園芸用語集

園芸でよく使われる主な専門用語を400語以上を掲載。50音順の索引から調べられます

みんなのバラ百科

みんなのバラ百科

バラの歴史や「殿堂のバラ」などのバラにまつわる知識、役立つ情報が盛りだくさん

野菜だけで一品レシピ

野菜だけで一品レシピ

育てた野菜をおいしく食べるための、野菜を使ったレシピ222品を公開中

全国植物園ガイド

全国植物園ガイド

全国の植物園一覧。日本植物園協会に加盟している植物園を中心に紹介。植物園に出かけよう!